環境にも悪影響

自動車公害

自動車の出す排気ガスが環境問題のひとつとして
取り上げられることは多いです。

特に地球温暖化の原因としても有名ですね。
中国に車が増え続けているから、これから先どうなるだろうって
思いますよね・・・

で、自動車の排気ガスですが、渋滞で車が止まっている状態と、
スムーズに走っている状態では、排気ガスの出る量って
全く違うんですよね。

10キロのスピードでノロノロと走っている車と、
60キロで爽快に走っている車では、ナント6倍も違うらしいです。

たまに東京、大阪などに仕事で出ることもありますが、
空の色とか全く違いますからね〜。空気そのものが違うのを
肌で感じます。

交通量が多い、車が多いうえに、渋滞もしていることから、
バイクや自動車から排出される排気ガスの量は田舎の何倍にも
なっているから当然と言えば当然ですね(^^;

いまはガソリン代もバカみたいに値段が上がっていますし、
環境問題も踏まえると、これから先、自動車にとっては、
ますます厳しい環境になりそうです。

早く水素エンジンが実用できるようになればいいなぁと
よく思いますね。あとは電気で走る自動車ですか?

せめてバイオエタノールだけでも実用するようにしていけば
いいのにってすごく思います。ブラジルとかもう何年も前から
実用しているわけですから。

温暖化の恐怖に関するテレビ番組を見るたびに、
ぞっとするのは僕だけじゃないはずです。

関連エントリー


 
Copyright © 2007 交通渋滞が嫌い!渋滞お役立ち情報ガイド. All rights reserved