合流地点

合流地点

高速道路に乗る場所、サービスエリアから高速道路本線への
合流も渋滞の起こる大きな原因のひとつです。

本線に入ろうとしてくる車を入れてあげるために、
どの車もスピードを緩めるからですね。

なかには「入れてあげる左車線だけじゃないの?」って
思うかもしれませんが、左車線が混んでいることで、
右車線に移動する車も増えるので結局どちらも混みます。

ただ、これは確実に渋滞するということは無く、
乗ってくる車が多いときなど、一時的に混みあうという
ケースが多いですね。

ただ、都市部の環状線だと混むケースが多いのですが、
田舎の道だと滅多に無いですね。

あ、前に自動車学校の車が怖いのかなかなか本線に合流
できなくて、大渋滞を起こしているというのを
目の前で見ました。

はい、そのすぐ後ろでイライラしていたのはワタシです。
仕方無いとわかっていたけど、さすがに5分以上
合流できないのはびっくりしました(笑)

ただ、これは高速道路だけじゃなく一般道でもよく起こります。
二車線だった道路が一車線になる合流ポイント、三差路など
やっぱり込み合います。

帰宅ラッシュでも混みやすい場所はこのような合流ポイントが
多いです。高速じゃなくても国道への合流などですね。

関連エントリー


 
Copyright © 2007 交通渋滞が嫌い!渋滞お役立ち情報ガイド. All rights reserved