メイン

300高速道路渋滞の原因 アーカイブ

2007年12月05日

料金所での支払い

料金所での支払い

「料金所が近づいています」

このような表示が高速道路では必ずあるのですが、
料金所が近づくと当然ですが、みんなスピードを落とします。
で、これまた当然なのですが渋滞します(苦笑)

まさかスピードを落とさずにそのまま突っ込むという
わけには行きませんからね・・・

昔まだ暴走族、走り屋と呼ばれるヒトたちが沢山いたころは
環状線を走る集まりが料金所を突っ走っていたというのを
マンガでは見ましたけどね。

現在ではまず無いでしょう(^^

さらにいまでは「ETC」という便利なシステムも出来ました。

ETCとはクルマに取り付けた車載器と料金所のアンテナが
無線で交信することで、クルマは料金所をノンストップ
(通過時の速度は約20km/h以下)で通過することができます。

ETCを通過したときの料金はクレジットカードによる
後払い、ポストベイと呼ばれる支払い方法をとっています。
何年か前までは「まだ全然普及してない」と感じていましたが、
いまではETCの料金所のほうが多いトコロもあります。

たま〜に、間違えてETCオンリーの料金所に無いまま
入ってしまい、バックで戻っている光景も目にします。
実は僕も一度やりました。

大迷惑でした。あのとき後ろに居た車の方スミマセンでした。
といっても、誰だかわかりませんが(苦笑)

とにもかくにも、このETCという料金支払いシステムにより、
高速道路の渋滞の原因30%は料金所と言われていたので、
だいぶと渋滞緩和を手伝っているでしょうね。

明らかに渋滞は前よりも減り、ETCの装置をつけている車は
以前よりも増えました♪

合流地点

合流地点

高速道路に乗る場所、サービスエリアから高速道路本線への
合流も渋滞の起こる大きな原因のひとつです。

本線に入ろうとしてくる車を入れてあげるために、
どの車もスピードを緩めるからですね。

なかには「入れてあげる左車線だけじゃないの?」って
思うかもしれませんが、左車線が混んでいることで、
右車線に移動する車も増えるので結局どちらも混みます。

ただ、これは確実に渋滞するということは無く、
乗ってくる車が多いときなど、一時的に混みあうという
ケースが多いですね。

ただ、都市部の環状線だと混むケースが多いのですが、
田舎の道だと滅多に無いですね。

あ、前に自動車学校の車が怖いのかなかなか本線に合流
できなくて、大渋滞を起こしているというのを
目の前で見ました。

はい、そのすぐ後ろでイライラしていたのはワタシです。
仕方無いとわかっていたけど、さすがに5分以上
合流できないのはびっくりしました(笑)

ただ、これは高速道路だけじゃなく一般道でもよく起こります。
二車線だった道路が一車線になる合流ポイント、三差路など
やっぱり込み合います。

帰宅ラッシュでも混みやすい場所はこのような合流ポイントが
多いです。高速じゃなくても国道への合流などですね。

大雨、台風で道路封鎖

台風

夏になると、大雨、台風が多くなります。
そして大雨で困ることのひとつとして、交通網が使えなく
なることですね。

・飛行機が飛ばせない
・新幹線が運行できない
・高速道路の通行止め

すると、当然というかなんというか、移動手段がどうしても
車かつ一般道に頼らなくてはいけない状況になります。
さらに風雨が強いのでスピードも出せません。

交通渋滞になるには充分な理由であり、渋滞にならなくても、
スピードを出すことが出来ないので、渋滞と変わらないんです。
雨が強いと前の視界が見えませんからね〜。

それでも急いで走ったりすると、当然事故の原因にもなるし、
水がたまっている道路に水没した友人もいました。
思った以上に深い水溜りだったんですね。

この水溜りが高速道路ほどよくできるんですよ。
高速道路は基本的に平坦な道なんてほとんど無いので、
下り坂の下の部分などに水がたまるんですね。

水に対しての対処はされているはずなのですが、
強い大雨、台風の場合、役に立たないこともあります。
一般道でも水であふれたり床上浸水することも・・・

さらに危険なのが山道での走行です。
土砂崩れの危険性があるからです。

土砂崩れによって、道路が封鎖されて渋滞ぐらいならまだマシ、
自分の身に直接、土砂が崩れてきたら命すら脅かすことに!

大雨、台風の一番の対処法は家でゆっくりすることですね。
自然のチカラには逆らえませんから。

といっても、どうしても外せない仕事などに捕まる場合も
あるので、困ったモンですね、トホホ・・・

トンネル前にスピードを緩める

トンネル

高速道路を走っていると・・・

「あ、トンネルだ、電気つけなきゃ」とライトをつけると同時に
ブレーキを踏んでいる方も多いんですよね。

いや、それが別に悪いとか言うわけじゃありませんよ。
いきなり暗いトンネルに入るわけですから、普通の感覚であれば
ブレーキを踏んで当然でしょう。

踏まないでガンガン走るとしたら、レースゲームの世界ぐらいの
モンですよ、ホント。

さらにライトもつけないで暗い夜道でも走りぬけるなんて、
藤原とうふ店って車の横に広告が載っているハチロクぐらいじゃ
無いと無理なイキオイです。

・・・マニアックな話でごめんなさい(笑)

で、本題に戻りますが、このようにトンネルに入る前には
みんながスピードを落とすんですね。

すると、それが連なって渋滞の原因となるわけです。
一台だけではたいしたことが無いのですが、何台も連なって
いるうちに、後ろのほうでは渋滞していた。

こんなカンジでしょうか?

ただ、トンネルで速度を緩めることになると言っても、
ひとつだけじゃそんなに渋滞することもありません。

いくつかのトンネルが近くに密集している高速道路であるからこそ
起こる現象ですね。

また、トンネルが多いということは、その高速道路自体も
山道となっており、のぼりも下りの坂も多いので、
ブレーキポイントが多くなりますからね(^^

上り坂が最大の原因!?

上り坂を進むトラック

この前、テレビを見ていて初めて知ったのですが、
実は高速道路の渋滞の原因、ぶっちぎりのナンバー1は、
「のぼり坂」らしいです。

初めて聞いたときは「???意味がわからん」って
思ったのですが、具体的な解説を聞いてみると、
なるほどなぁ・・・ってカンジです(^^

高速道路の渋滞の原因のナント「55%」が上り坂、もしくは坂で
デコボコになっていることによることが原因らしいです。
下り坂でもみんなが無意識的にブレーキを踏むことで、
スピードが遅くなるから渋滞。

上り坂はブレーキはかけないが、坂道によりスピードが遅くなるので、
そのことにより、どんどんと後ろが詰まっていくんです。
別に急激な坂道でなくても、緩やかな坂道でも起こる現象です。

聞いてみると納得でしたが、これは自分では全然気が付きません
でしたね〜。

詳しい解説はコチラに載っています。
東日本高速道路サイトの公式ページへ

というわけで、これからはのぼり坂やくだり坂には目いっぱい
アクセルを踏み込みましょうね・・・って冗談です。
辞めてくださいね、危険です(笑)

全員がそんなにスピード出していたら事故が多発しちゃいます。
自然渋滞はその名のとおり、自然現象と思ってあきらめましょう。
雨や雪と同じモンだと思っておけば気がラクですね。

いや〜、ちなみにこののぼり坂やくだり坂が原因という話を
友人に話したら、みんなテレビを見ていました(笑)

About 300高速道路渋滞の原因

ブログ「交通渋滞が嫌い!渋滞お役立ち情報ガイド」のカテゴリ「300高速道路渋滞の原因」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは200渋滞の原因です。

次のカテゴリは400渋滞による危険性です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type