見物渋滞・わきみ渋滞

交通事故

「 見物渋滞ってご存知ですか? 」

そのまんまの意味なのですが、前を走っている車が見物を
するためにスピードを落とすことにより、渋滞が発生することから
見物渋滞と呼ばれています。

「 見物って言っても何を見るの? 」

もっとも多いのが隣の斜線、対向車線などで自動車事故を
起こしている事故現場が気になり、スピードを落としてみてしまう
といったパターンですね。

実際「うっわ〜、スゴイ事故だな〜」とスピードを緩めて見たこと
ありませんか?

それが一台だけじゃなく、何台もノロノロとスピードを
緩めることで渋滞が起きてしまうんですね。

ちなみに僕らの地域では「わき見渋滞」と呼ぶヒトも多いですね。
これもそのまんまの意味でも通用するので、まぁムリに訂正したり
文句も言う必要はないでしょう。

地域によって、呼び方が変わるということですね。
自転車のことをチャリンコと呼ぶ地域もあれば、
ケッタと呼ぶ地域もある。

僕らの地域では「ケッタ」なのですが、違う地域の方が初めて
耳にしたときは「???」ってなりますからね(笑)

まぁ、少し話がズレちゃいましたが、すごい事故などが
あったとしても、あまりじっくり見ないようにしましょうね。
道路はみんなのモノですから。

関連エントリー


 
Copyright © 2007 交通渋滞が嫌い!渋滞お役立ち情報ガイド. All rights reserved